--/--/-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://gorillamichi.blog41.fc2.com/tb.php/1272-4b2fe353

2009/05/18 
映画君の毎日
●ストーリー●1972年のニューヨーク。金融や保険業界で働いていたミルク(ショーン・ペン)は、20歳年下のスコット(ジェームズ・フランコ)と出会い、恋に落ちる。二人は新天地を求めてサンフランシスコに移り住み、小さなカメラ店を開店。そこはたちまち同性愛者やヒッピーたちのよりどころとなり、ミルクは彼らを快く思わない保守派に対抗した新しい商工会を結成することになる。(シネマトゥデイより
映画君の毎日
そろそろ映画館での公開も終わりに近づいているであろうこの映画。
観たいような観たくないような葛藤の中何とか間に合った。
観たくないような気持ちというのは「ゲイ」を差し引くと政治が主の映画だからだ。
良さそうなんだけど、政治の映画で眠くならない自信は無いのだ。
映画君の毎日
と心配をよそに、政治の映画というよりはある政治家の伝記映画って感じで、
まあ普通よりはチャーミングで可愛らしいエピソードも織り交ぜた感じ。
でもやはりこの映画の大筋は偏見と差別。
アメリカ人は性差別、人種差別、障害者差別、貧民差別と、
ありとあらゆる差別を扱った映画を繰り返してその度に感動して泣くばかりで、
全然何も治っていない事が一番の驚きだ。
「ブロークバック・マウンテン」だって「気持ち悪い」だけと言われる方も多かったし、
かえって差別を助長する事だってありえるわけで、
この映画の場合はドキュメンタリー風伝記だから良いものの、
最近はアメリカの差別映画にはちょっとうんざり。
映画君の毎日
セリフの多くに心に響くやわらかな宝物のような言葉が多かったので、
もう一回観たい映画というよりはこの人の伝記をきちんと読んでみたいと思える映画だった。

「ミルク 公式HP」
MILK(上)-ゲイの「市長」と呼ばれた男、ハーヴェイ・ミルクとその時代 (祥伝社文庫)/ランディ シルツ

¥700
Amazon.co.jp
MILK 写真で見るハーヴィー・ミルクの生涯

¥1,995
Amazon.co.jp
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://gorillamichi.blog41.fc2.com/tb.php/1272-4b2fe353

プロフィール

ゴリラ道

Author:ゴリラ道
好きな俳優はデンゼル・ワシントン、ジャック・ニコルソン、マット・デイモン、ジェイソン・ステイサム、香川照之さん…。もっともっと必ず観たい俳優はたくさんいます。好きな監督はキム・ギドク監督とか三木聡監督とか多種多様。泣ける映画でごーっと泣いてストレス解消してます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

フリーエリア

予約商品

FC2アフィリエイト











アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
647位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
298位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カテゴリ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。