fc2ブログ
2009/05/20 
いのちの食べかた/洋画

¥3,551(株)紀伊國屋書店
人々の生活とは切り離せない「食物」の生み出される現場を捉えたドキュメンタリー。野菜や果物はもちろん、家畜や魚までもが超効率的に生産され、人間のための食物へと姿を変えていく姿をありのままに淡々と映し出していく。(「キネマ旬報社」データベースより)

この映画のコンセプトというか何をストレートに映し出したかったのかわからないでもない。

ドキュメンタリー好きな人には高評価だと思うが、実際に「映画」としてはどうなのだろう。

いや、でもスーパーで肉や魚を切り身でしか見た事の無い現代人ってのも変なのかも。

僕はイギリスの小さな市場で初めて牛も豚も鶏もぶら下げて売られている姿を見てショックを受けた。

その姿を見ないで「まずい」とか「この肉は硬い」とか言うのと、

これを観て食べなくなるとかじゃなく「感謝」の心を持てるのならその方が良いのだろう。

が、映画としては素晴らしい映像では決して無いというかスプラッターだったりするし、

セリフもストーリーも字幕も無くただ淡々と食のビジネスを眺めるのってどうなんだろう。

牛豚鶏に感謝の気持ちはするが頭の中でこの映画の映像は消し去ろうとしている。

ありがとうと思いながらもつ煮や豚足や肉類を食べれるまでには少し整理の時間が要る。

下手なホラー映画よりも恐ろしい食糧事情。でもこれが現実だ。
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://gorillamichi.blog41.fc2.com/tb.php/1274-82de84b0

プロフィール

ゴリラ道

Author:ゴリラ道
好きな俳優はデンゼル・ワシントン、ジャック・ニコルソン、マット・デイモン、ジェイソン・ステイサム、香川照之さん…。もっともっと必ず観たい俳優はたくさんいます。好きな監督はキム・ギドク監督とか三木聡監督とか多種多様。泣ける映画でごーっと泣いてストレス解消してます。

カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

フリーエリア

予約商品

FC2アフィリエイト











アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
946位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
447位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カテゴリ

RSSリンクの表示