FC2ブログ
2009/07/27 
映画君の毎日
●ストーリー●1983年、平凡な黒人の郵便局員が客を射殺する不可解な事件が発生。この事件の背景には、第二次世界大戦中のイタリアでのとある出来事が隠されていた。黒人だけで組織された“バッファロー・ソルジャー”の4人の兵士は部隊からはぐれ、イタリア人の少年(マッテオ・シャボルディ)を保護する。4人はトスカーナの村でつかの間の平和を感じるが、ナチスの脅威はすぐそこまで迫っており……。(シネマトゥデイより)
映画君の毎日
僕自身デンゼル・ワシントンのファンなので必然的にスパイク・リー監督の作品は多く観ていた。
が、いままでデンゼル・ワシントンスパイク・リートニー・スコットの繰り返しの中、
俄然エンターテイメント性の強いトニー・スコット監督の時の方を絶対支持していた。
スパイク・リーの黒人差別を扱った多くのパターンは差別が無くなるまではずうっと必要と思うが、
たまに朝からかつカレーやかき揚げ丼を食べるかのような気持ちになることもある。
決して嫌いだとかそういうことでは全く無いのだが。
でも、今回は今までと全く違って万人受けしそうなテイスト。なんかホロッと感動した。
ラストはまるで「ショーシャンクの空に」みたいだし…。
映画君の毎日
とはいえ、最初のアレは誰だったのだろうとか、
第二次世界大戦で日本・ドイツ・イタリアは同盟を結んでいたのに、何故イタリアドイツが揉めてて、
逆にイタリアとアメリカが仲良くしているのだろうかとか、
無知が頭の中に?マークで埋めていき、ちょっと混乱はしたものの、
家でおさらいしてようやくすっきりした。時間的に短ければ理解した上でもう一度観たいが…。

東京23区では2ヶ所でしかやっていない。
テレビ局とタイアップした映画やドラマの延長とか、人気アニメばかりが映画館を独占していて、
このような素晴らしい映画を映画館で観る事が出来ないなんて、
利益優先の映画産業はどこか狂っているとしか思わずにはいられない。
映画君の毎日
「セントアンナの奇跡 公式HP」

デレク・ルークはすっかり唇が薄くなったことと、
またしてもあの体の大きな童顔の俳優の名前が覚えられないのが残念だ。http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/30472189
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://gorillamichi.blog41.fc2.com/tb.php/1343-f5ddcce8

プロフィール

ゴリラ道

Author:ゴリラ道
好きな俳優はデンゼル・ワシントン、ジャック・ニコルソン、マット・デイモン、ジェイソン・ステイサム、香川照之さん…。もっともっと必ず観たい俳優はたくさんいます。好きな監督はキム・ギドク監督とか三木聡監督とか多種多様。泣ける映画でごーっと泣いてストレス解消してます。

カレンダー

07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

フリーエリア

予約商品

FC2アフィリエイト











アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
556位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
277位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カテゴリ

RSSリンクの表示