--/--/-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://gorillamichi.blog41.fc2.com/tb.php/1513-815fdb1a

2010/01/10 
幻の光 [DVD]/江角マキコ,内藤剛志,浅野忠信

¥3,990
Amazon.co.jp

<ストーリー>宮本輝の同名小説を映像化、江角マキコが映画初主演した是枝裕和監督のデビュー作。祖母の失踪と夫の原因不明の自殺という暗い過去を持つ女性ゆみ子。彼女は再婚し新しい家族と共に平穏な日々を送るが、やがて前夫の死への思いに引き寄せられていく。(「キネマ旬報社」データベースより)

宮本輝さんの小説は読みやすいし以前はよく読んでいたが、この本は知らず…。
そして是枝監督は心臓を(あえてハートではなく)鷲づかみにされるほど、
ズドンとグサリと人間の触れられたくないような部分をあえて弄り回すようなところが好きで、
この作品を観てみたが…。

ちょっと内容がわかりにくかった。
おばあさんの失踪や夫の謎の自殺についてはわかったのだが、再婚のあたりからモヤモヤ。
死が近づくと幻の光に魅かれていくとかなんとなくはわかるのだけど、
僕自身の目では「前夫の謎の死に振り回されてる事」以外のピントを捉える事が出来ず。
角度とか見方を変えて観てみる事が必要なのかも。
たぶん何かが何かの比喩だったり何かの象徴だったりするはずだから。

「わけわかんない~」ってほど意味不明ではないけれど、
ラストの葬列とかはどういう意味だったのかわからなくて「あ゛~叫び」って感じ。
生と死について何とやら~なんだろうけど。

もう一回観直してみるべきか、それとも宮本輝さんの本を読んだ方が早いのか、
本を読んだ方が今回は理解に近いかな…。
でもとにかく重苦しい気持ちにのっかかられたままだ。
一発で理解できた人が羨ましい。

幻の光 (新潮文庫)/宮本 輝

¥380
Amazon.co.jp
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://gorillamichi.blog41.fc2.com/tb.php/1513-815fdb1a

プロフィール

ゴリラ道

Author:ゴリラ道
好きな俳優はデンゼル・ワシントン、ジャック・ニコルソン、マット・デイモン、ジェイソン・ステイサム、香川照之さん…。もっともっと必ず観たい俳優はたくさんいます。好きな監督はキム・ギドク監督とか三木聡監督とか多種多様。泣ける映画でごーっと泣いてストレス解消してます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

フリーエリア

予約商品

FC2アフィリエイト











アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
1263位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
547位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カテゴリ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。