--/--/-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Comments

  • 優 

  • そうそう・・
    戦いのシーンばかりで。

    もっと 心情に迫る物が欲しかった・・・
  • 2011/02/21  | URL   [ 編集 ]
  • ゴリラ道 

  • >優さんへ

    僕もそれが残念に思えます。
    もちろん逆の演出が多かったら多かったで残念に思えるのでしょうが。

    楽しい仲間たちとの平和な日々や、家族との交流や決別を、
    あと10分でもいいから盛りこんで欲しかったです。
    戦争はそんな事言ってられないってのもわかるのですが。

    この映画では北朝鮮=悪の構図ばかりが目立った気がします。

    本来は日本もアメリカもソ連も中国も関わってこないと語れない気もするのですが…。
  • 2011/02/21  | URL 

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

  • 『戦火の中へ』 ここだけの話

  •  あえて『戦火の中へ』の問題を指摘するなら、面白すぎることだろう。  この映画は、朝鮮戦争を戦った学生たちの実話を基にしている。  今でこそ、38度線でにらみ合ったまま休戦状態となっているが、19...
  • 2011/05/27 from 映画のブログ
  • 戦火の中へ

  • 戦火の中へ 朝鮮戦争が始まって一カ月余りが過ぎた1950年8月。北朝鮮軍の猛攻にさらされ、朝鮮半島の南へと後退を余儀なくされた韓国軍は、最後の砦として洛東江を守り抜くべく浦項の全兵力を前線に投入することになった。そのため、軍司令部が置かれた......
  • 2011/02/23 from シネマDVD・映画情報館
  • 戦火の中へ

  • 公式サイト。英題:71 Into the Fire。イ・ジェハン監督、チャ・スンウォン、チェ・スンヒョン、クォン・サンウ、キム・スンウ。1950年の朝鮮戦争時に動員されて戦死した16歳の学徒兵が母 ...
  • 2011/02/21 from 佐藤秀の徒然幻視録
  • 劇場鑑賞「戦火の中へ」

  • 「戦火の中へ」を鑑賞してきました公開2日目でも先着特典のポストカードをゲット。「私の頭の中の消しゴム」「サヨナライツカ」のイ・ジェハン監督が、朝鮮戦争における驚きの実話...
  • 2011/02/21 from 日々“是”精進!

http://gorillamichi.blog41.fc2.com/tb.php/2017-2e96a98a

2011/02/21 
001_20110220232331.jpg
<<ストーリー>>1950年、韓国。北朝鮮の猛攻で首都ソウルも陥落。
追い詰められた韓国軍は、全兵力を洛東江に集中させようとしていた。
そんな中、軍司令部の置かれた学校を託されたオ・ジャンボム(T.O.P)をリーダーとする
71人の学徒兵は、劣勢をものともせず戦いに挑んでいく。(シネマトゥデイ)

004_20110220232331.jpg
今週末の公開映画からは自分が興味深く非常に観たい映画が多くなる。
まあその大量の公開のおかげで例えばこの映画にしても大々的な公開ではなく、
いわゆる単館上映のような小規模な上映なのが残念。というか遠かったりするので…。
この映画はお陰さまで近くでやっていたから良かったが、豊洲とか平和島とかだったら、
きっとスルーしていたかもしれない。

002_20110220232331.jpg
この映画単なる戦争映画だと思えば単なる戦争映画。
だけど肌も髪も顔つきも日本人と遜色ない分、madeinU.S.Aのものよりも、
感受性もそうだけどズシンと来るものがある。
もともとこの戦争には日本も関わっていたのだし…。

007_20110220232331.jpg
学徒出陣で母親に書き綴る手紙。まだまだ人生これからなのに、
北朝鮮軍があまりにもすごすぎて学生も駆り出されなくいけなくなった。
最初は補強というか補助的な役割のはずが…。
あんまり知らないBIGBANGのT・O・Pだけど彼の眼力は強くもあり儚くもあった。
クォン・サンウも相変わらずの安定感。

003_20110220232330.jpg
戦争なんて元々は国のドンの意地の張り合い的なものだから、
トップ通しで「叩いてかぶってジャンケンポン」3人抜きとかやって解決すればいいのに。
でもそんなとこでも八百長があるに決まってるだろうけど。

あと欲をいえば、家族や楽しい学生生活をもう少し織り込んで欲しかったかな。

「戦火の中で 公式HP」
スポンサーサイト
映画 | コメント:(2) | トラックバック:(6) |
スレッド:映画館で観た映画 | ジャンル:映画

2 Comments

  • 優 

  • そうそう・・
    戦いのシーンばかりで。

    もっと 心情に迫る物が欲しかった・・・
  • 2011/02/21  | URL   [ 編集 ]
  • ゴリラ道 

  • >優さんへ

    僕もそれが残念に思えます。
    もちろん逆の演出が多かったら多かったで残念に思えるのでしょうが。

    楽しい仲間たちとの平和な日々や、家族との交流や決別を、
    あと10分でもいいから盛りこんで欲しかったです。
    戦争はそんな事言ってられないってのもわかるのですが。

    この映画では北朝鮮=悪の構図ばかりが目立った気がします。

    本来は日本もアメリカもソ連も中国も関わってこないと語れない気もするのですが…。
  • 2011/02/21  | URL 

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

  • 『戦火の中へ』 ここだけの話

  •  あえて『戦火の中へ』の問題を指摘するなら、面白すぎることだろう。  この映画は、朝鮮戦争を戦った学生たちの実話を基にしている。  今でこそ、38度線でにらみ合ったまま休戦状態となっているが、19...
  • 2011/05/27 from 映画のブログ
  • 戦火の中へ

  • 戦火の中へ 朝鮮戦争が始まって一カ月余りが過ぎた1950年8月。北朝鮮軍の猛攻にさらされ、朝鮮半島の南へと後退を余儀なくされた韓国軍は、最後の砦として洛東江を守り抜くべく浦項の全兵力を前線に投入することになった。そのため、軍司令部が置かれた......
  • 2011/02/23 from シネマDVD・映画情報館
  • 戦火の中へ

  • 公式サイト。英題:71 Into the Fire。イ・ジェハン監督、チャ・スンウォン、チェ・スンヒョン、クォン・サンウ、キム・スンウ。1950年の朝鮮戦争時に動員されて戦死した16歳の学徒兵が母 ...
  • 2011/02/21 from 佐藤秀の徒然幻視録
  • 劇場鑑賞「戦火の中へ」

  • 「戦火の中へ」を鑑賞してきました公開2日目でも先着特典のポストカードをゲット。「私の頭の中の消しゴム」「サヨナライツカ」のイ・ジェハン監督が、朝鮮戦争における驚きの実話...
  • 2011/02/21 from 日々“是”精進!

http://gorillamichi.blog41.fc2.com/tb.php/2017-2e96a98a

プロフィール

ゴリラ道

Author:ゴリラ道
好きな俳優はデンゼル・ワシントン、ジャック・ニコルソン、マット・デイモン、ジェイソン・ステイサム、香川照之さん…。もっともっと必ず観たい俳優はたくさんいます。好きな監督はキム・ギドク監督とか三木聡監督とか多種多様。泣ける映画でごーっと泣いてストレス解消してます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

フリーエリア

予約商品

FC2アフィリエイト











アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
643位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
297位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カテゴリ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。