--/--/-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/06/08 

幸せの行方... [DVD]幸せの行方... [DVD]
(2012/05/02)
ライアン・ゴズリング、キルスティン・ダンスト 他

商品詳細を見る
内容(「Oricon」データベースより)
“史上最も不穏な事件”が暴かれる、衝撃のサスペンス!
大富豪の御曹司として裕福に育ったデイビッド。
ある日、父親が所有するアパートでケイティと出会い、
やがて二人は結婚することに。つつましく田舎暮らしに幸せを感じる二人だったが、
ケイティが妊娠すると、デイビッドは一族の血を自分の代で絶やしたいと、
ケイティに中絶を強要した。やがて、少しずつ幸せだった二人の歯車が狂い始めてゆく…。


う~ん。またしてもなんとも言えない作品だった。

久しぶりにキルスティン・ダンストの名前を見つけ、

楽しみにしていたし、キャスティングも良かったのだが、

この事件の実体自体が解釈しづらいし(そりゃあそうだけど)

悲しくて感情移入することなど微塵もなかった。

恐ろしいのだけど恐ろしくなく、

掴みようのない内容にあっという間に終わってしまった。

キルスティン・ダンストは好きなのだけど、

最近はどうしてしまったのだろう~。他の女優でも良かったのに。
DVD | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
スレッド:映画感想 | ジャンル:映画
2012/06/07 

テンペスト [DVD]テンペスト [DVD]
(2012/03/02)
ヘレン・ミレン、ラッセル・ブランド 他

商品詳細を見る
内容(「Oricon」データベースより)
シェイクスピア最後の傑作を完全映画化!ナポリ王アロンゾーは
娘の婚礼の帰途、海上で突然の嵐に遭う。船は難破し、絶海の孤島へと辿り着く。
その島は十二年前彼らが謀によって追放した前ミラノ大公プロスペラが
一人娘のミランダと暮らす島だった―。型破りなイマジネーションを操り、
独自の世界観を構築してきた天才演出家ジュリー・テイモアが描く
ファンタジー・アドベンチャー。


本場イギリスでも高齢の方以外はシェイクスピアの作品を

あまり面白くないと言っていると聞いたことがある。

まあ例えばノーベル文学賞受賞の川端康成を読破した人も少ないだろうし、

作品自体を本棚に並べている人など見たことがない。

僕自身もシェイクスピアの世界は映画でしか知らないし、

そんな意味ではこの作品を観るのも賭けだったが…。

正直言ってあまり面白くなかった。

映像的にも期待はずれであったし、

いや実は奥深いんじゃないかともう一度見直す気にもなれない。

もう少しいじったり、

リドリー・スコット監督あたりが撮っていたらもう少し面白かったかも。
DVD | コメント:(0) | トラックバック:(2) |
スレッド:映画感想 | ジャンル:映画
2012/06/05 
ゲーテの恋 ~君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」~ [DVD]ゲーテの恋 ~君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」~ [DVD]
(2012/05/02)
アレクサンダー・フェーリング、ミリアム・シュタイン 他

商品詳細を見る
内容(「Oricon」データベースより)
若かりしゲーテの恋の息吹に包まれてきっとあなたも、
恋がしたくなる─。文豪ゲーテを一夜で有名にした永遠の恋愛小説
「若きウェルテルの悩み」に秘められた、若き日のゲーテの
美しくも叶わぬ恋の物語。アレクサンダー・フェーリング、
ミリアム・シュタイン、モーリッツ・ブライブトロイほか出演。


ゲーテの本も読んだことがないし読もうと思ったこともなかった。

「もっと光を…」の人ぐらいのことしか頭になくて、

彼の小説の誕生秘話をわかりやすくドラマ化された作品。

若きウェルテルの悩み」は発売当初は自殺が大流行したほどで、

そんな大作の生み出される一因が自分の恋愛とは~。

ゲーテの本は敷居が高いと思っていたが、

これを機に「若きウェルテルの悩み」を読んでみようかと思う。


若きウェルテルの悩み (新潮文庫)若きウェルテルの悩み (新潮文庫)
(1951/02)
ゲーテ

商品詳細を見る
DVD | コメント:(0) | トラックバック:(1) |
スレッド:映画感想 | ジャンル:映画
2012/06/04 
ノラ [DVD]ノラ [DVD]
(2012/03/23)
染谷将太、三原康可 他

商品詳細を見る
内容(「Oricon」データベースより)
2011年ヴェネツィア国際映画祭で最優秀新人賞を受賞した染谷将太主演、
痛ましい過去と父親との複雑な関係に苦悩する少年の姿を描いた人間ドラマ。
何かから逃げるように山中を走る謎の少年・幸雄は、その最中、
軽トラに轢かれ意識を失う。それを運転していた男・繁は、
記憶がない幸雄に小船の修繕を手伝うよう奇妙な提案をする。
それから繁の娘あかねも含めた3人での共同生活が始まるが―。


う~ん。映画というかなんというか…。

ストーリーがとてもわかりやすいし、

反抗期の?少年の心情を描いているとは思うのだが、

アンダーグラウンド感がとても強くて観てる方も精気を吸い取られてしまう。

いや、それは全然良いのだけど。

主な俳優は4人?5人だけ。

中でも現在の染谷将太さんの輝きはのりにのってるかな。

影のある少年役という、最近なかったポジションを確立させたのか、

この手の影のある役は本当にハマる。

彼の今後の活躍を願う。
DVD | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
スレッド:映画感想 | ジャンル:映画
2012/06/03 
ラビット・ホール [DVD]ラビット・ホール [DVD]
(2012/04/06)
ニコール・キッドマン、アーロン・エッカート 他

商品詳細を見る
内容(「Oricon」データベースより)
喪失からの再生を描いた上質な人間ドラマの感動作!
交通事故で愛息子を亡くしたことによって、それまでは想像し得なかった
心の痛みに囚われた主人公ベッカ、そしてその夫ハウイー。
同じ痛みを共有しながらも、夫婦の関係は少しずつ綻び始める。
そんなある日、ベッカはとある少年を目撃する。彼の名前はジェイソン。
8か月前、息子を車で轢いた高校生だった…。
ニコール・キッドマン、アーロン・エッカートほか出演。


ラビット・ホールとは「ふしぎの国のアリス」のアリスが、

うさぎを追いかけて落ちた穴。そしてそこで不思議な世界に陥るという

そんな意味らしい。

子供を失った夫婦の受けた傷。

どうしても気強いイメージのニコール・キッドマンのきつさが、

アーロン・エッカートをも二重三重に傷つけているように思えるが、

きっとこんな風に子供を失った夫婦たちは立ち直れずに別れてしまうのだろう。

今回は神を信じれないニコール・キッドマンが加害者である少年を

受け入れるようになることで、少しづつ立ち直り始める。

よく不幸があった人に、乗り越えられる人だけに神様が与えた試練だよと

慰めることがあるだろうが、やはり当事者からしたら慰めにもならないと

この映画から学び取れた。

昔の人は「子はかすがい」とはよく言ったものだ。
DVD | コメント:(0) | トラックバック:(1) |
スレッド:映画感想 | ジャンル:映画

プロフィール

ゴリラ道

Author:ゴリラ道
好きな俳優はデンゼル・ワシントン、ジャック・ニコルソン、マット・デイモン、ジェイソン・ステイサム、香川照之さん…。もっともっと必ず観たい俳優はたくさんいます。好きな監督はキム・ギドク監督とか三木聡監督とか多種多様。泣ける映画でごーっと泣いてストレス解消してます。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

フリーエリア

予約商品

FC2アフィリエイト











アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
705位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
322位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カテゴリ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。